イギリス、2050年の輸送業界ビジョン発表

イギリス、2050年の輸送業界ビジョン発表

イギリスの政府外公共機関であるInnovation UKは8月5日、「UK Transport Vision 2050」の立ち上げを発表した。このビジョンは、2050年のイギリスの輸送システムがどのようになるかを示し、これを達成するためのステップの詳細な調査が示されている。

同レポートでは、カーボンニュートラル、デジタル化、交通機関への接続性等を包括的に検討。「エネルギー」や「インフラ」といった観点からロードマップを示している。

今後30年でのイギリスにおける輸送システムの立ち位置や新しいビジネスモデル、ロボット工学の他に、石油に取って代わる新たな燃料についても言及されている。

【参照ページ】UK Transport Vision 2050

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る