WeSpire、従業員のスコープ3炭素排出量を測定・削減するソリューションを発表

WeSpire、従業員のスコープ3炭素排出量を測定・削減するソリューションを発表

1月6日、WeSpireは、従業員の炭素排出量を測定、削減、バランス、報告できるようにすることを目的とした「従業員炭素管理ソリューション」の提供を開始したことを発表した。

Cox Enterprises社およびSouth Pole社と共同で開発した本ソリューションは、企業がScope 3排出量の主要な原因の一つである情報に迅速かつ正確にオンデマンドでアクセスできるようにすることを目的としており、ハイブリッドやリモートワーク環境へ移行する一方で、Scope 3のネット・ゼロ目標を策定する企業にとって重要な課題の一つを解決することにつながる。

WeSpireによると、このソリューションにより、企業は、従業員が自分の二酸化炭素排出量に影響を与える行動を規定された手順で行うことにより、長期的に二酸化炭素排出量を削減し、従業員全体のESG戦略を活性化させることが可能になる。WeSpireは、気候ソリューションプロバイダーでありプロジェクト開発者でもある South Pole 社と提携し、従業員や雇用主が報酬として利用できる質の高いオフセット機会を組み込んだ。

本ソリューションは、2022年4月のEarth Dayに先立ち、一般提供に向けて現在テスト中である。

【参照ページ】
(原文)WeSpire Unveils New Employee Carbon Management Solution
(日本語訳)WeSpire、従業員のスコープ3炭素排出量を測定・削減するソリューションを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る