ICMA、欧州グリーンボンド規則の修正案に対し警告 サステナブルボンド市場への悪影響を懸念

ICMA、欧州グリーンボンド規則の修正案に対し警告 サステナブルボンド市場への悪影響を懸念

1月5日、国際資本市場協会(ICMA)は、欧州委員会が主導するグリーンボンド市場の規制に関する修正案について、EUのサステナブルファイナンスのリーダーシップが失われ、サステナブルボンドの広い国際市場に混乱をもたらす可能性があるという分析を発表した。

ICMAの分析は、欧州議会にて提案された欧州グリーンボンド(EuGB)規則の修正案について言及している。この規制提案は、より持続可能な金融システムを促進し、EUおよび世界の気候変動に関する目標を達成するために必要な投資の促進を支援するために欧州委員会が採用した一連の取り組みの一環であり、近代的で資源効率の高い競争力のある経済への転換を図るEU戦略、欧州グリーンディールの目標に向けて大きく前進したことを示すものである。

提案されたグリーンボンドルールは、企業や公的機関が資本市場での資金調達にグリーンボンドを利用する方法について「ゴールドスタンダード」を作り、持続可能性に関する厳格な要件を満たし、投資家をグリーンウォッシュから保護しつつ、持続可能な投資の資金調達を促進するために策定されたものである。

7 月に ICMA はこの提案に対応する文書を発表した。その際、EuGBの任意性、および既存の欧州や国際的なグリーンボンド市場との共存を歓迎する一方で、EUタクソノミとの整合性の義務付けはラベルの使いやすさと普及を妨げる恐れがあると警告した。

ICMAによれば、今回の改正に起因する発行体のコストと潜在的な責任の増加は、サステナブルボンド市場にいくつかの重大な悪影響を及ぼす可能性があるという。例えば、発行体が他の市場や他の資金源に目を向けるようになり、市場の縮小やEUサステナブルボンドのリーダーシップを失うことになる。さらにICMAは、この改正によりEUが国際市場とは異なるルールに従うことになり、国際グリーンボンド市場の分断化が進み、国際的なサステナブルファイナンス市場が大きく混乱することになると警告している。

【参照ページ】
(原文)Analysis of the amendments to the EuGB Regulation proposed by the Rapporteur of the EU Parliament
(日本語訳)ICMA、EuGB規則の修正案に対し警告 サステナブル市場への悪影響を懸念

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る