Amazon、RivianのEV10万台による配送を開始

Amazon、RivianのEV10万台による配送を開始

7月21日、Amazonは、2040年までに事業全体でネット・ゼロエミッションを達成する戦略の一環として、EV企業Rivianが提供するEVの使用を開始したと発表した。

本EVは、ボルチモア、シカゴ、ダラス、カンザスシティ、ナッシュビル、フェニックス、サンディエゴ、シアトル、セントルイスなどの都市で木曜日に運行を開始した。AmazonとRivianは、年内に100都市以上でカスタムEVを稼働させる計画で、2030年までに米国内の保有台数が10万台に達すると見込んでいる。

Amazonの2040年ネット・ゼロ目標は、同社が気候変動に特化した団体Global Optimismとともに開始したイニシアチブ「Climate Pledge」に基づく同社のコミットメントの一部を成すもので、パリ協定の2050年目標よりも10年早く事業全体でネット・ゼロを達成するために署名するよう企業に呼びかけている。2019年にこの取り組みを創設して以来、300社以上が「誓約書」の署名者として参加している。

RivianEV10万台の受注は、当初2019年の気候公約の発足と同時に発表された。 Rivianは、ゼロカーボン経済への移行を促進する製品やサービスを開発する企業の支援を目的としたAmazonのベンチャー投資プログラム「Climate Pledge Fund」が行った最初の投資の1つであったとされている。

AmazonはRivianに13億ドル(約1,700億円)以上を投資している。Rivianの2021年11月のIPO後、200億ドル(約2.7兆円)以上あった保有株の価値は低下しているが、現在では50億ドル(約6,800億円)以上の価値を持つに至っている。

新型車両は、Amazonと共同で設計・デザインされた。センサー検知、高速道路、交通支援技術、ドライバーの視認性向上、ルート案内、ナビゲーション、ドライバーサポートへのアクセスなどの先進技術やサステナビリティ機能、さらにドライバーの体験やワークフローに焦点を当てた機能(ドライバーが車両に接近または離れるとドアの自動ロックとロック解除、電動バルクヘッドドアなど)を備えている。

【関連記事】The Climate Pledge、新たな100の署名企業を発表。SAP、Maerskなど

【参照ページ】
(原文)Amazon’s Custom Electric Delivery Vehicles from Rivian Start Rolling Out Across the U.S.
(日本語訳)Amazon、RivianのEV10万台による配送を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る