Fifth Wall、不動産脱炭素化ベンチャーファンドに約680億円を調達

Fifth Wall、不動産脱炭素化ベンチャーファンドに約680億円を調達

7月22日、不動産テクノロジーに特化したベンチャーキャピタル企業であるFifth Wallは、世界の不動産業界を脱炭素化するためのソリューションに投資することを目的とした第1回Climate Fundの5億ドル(約680億円)クローズを発表した。本ファンドの投資対象分野は、ソフトウェア、ハードウェア、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵、スマートビルディング、炭素隔離技術などである。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、ビルや不動産は、炭素排出量の約40%を占め、地球温暖化問題の最も大きな要因の一つとなっている。また、その長期的な性質から、代替が最も困難な排出源の一つでもある。しかし、Fifth Wallは、この産業が気候変動に与える影響が大きく、その対策が難しいにもかかわらず、この産業は脱炭素化ソリューションへの投資の初期段階に過ぎないことを指摘している。

気候変動基金は、不動産の所有者や運営者、金融市場参加者など、幅広い投資家からコミットメントを受けている。LPには、American Homes 4 Rent, BBVA, British Land, Camden Property Trust, CBRE, Cosan, The Durst Organization, Equity Residential, Hilton, Host Hotels & Resorts, Hudson Pacific Properties, Invitation Homes, Ivanhoé Cambridge, Kimco Realty Corporation, Lineage Ventures, MGM Resorts, NZ Super Fund, Osgoode Properties, and UDRが名を連ねている。

【参照ページ】
(原文)Fifth Wall closes half-billion-dollar climate fund to decarbonize global real estate
(日本語訳) Fifth Wall 、世界の不動産の脱炭素化を目指す5億ドルの気候変動ファンドを設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る