イギリス、気候変動協定を2025年3月まで延長。企業に脱炭素インセンティブを付与

イギリス、気候変動協定を2025年3月まで延長。

イギリス政府は気候変動協定(CCA)スキームを2025年3月まで3年間延長すると発表した。

CCAは、エネルギー使用量と二酸化炭素排出量を削減するために英国産業が環境庁と締結した自主協定。CCA申請事業者は、目標期間にわたって、合意された目標に対するエネルギー使用量と炭素排出量を測定して報告する必要がある。目標を達成する見返りとして、参加者は電気代と燃料費に追加される税金である気候変動税(CCL)の割引を受けることができる。

事業者は複数施設の使用量・排出量をまとめて報告することも可能であり、目標期間での目標達成により、次の期間も継続してCCL減税が適用される。

【参照ページ】
(原文)CCA scheme extended until March 2025
(日本語訳)気候変動協定スキームを2025年3月まで延長

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る