イギリス、気候変動協定を2025年3月まで延長。企業に脱炭素インセンティブを付与

イギリス、気候変動協定を2025年3月まで延長。

イギリス政府は気候変動協定(CCA)スキームを2025年3月まで3年間延長すると発表した。

CCAは、エネルギー使用量と二酸化炭素排出量を削減するために英国産業が環境庁と締結した自主協定。CCA申請事業者は、目標期間にわたって、合意された目標に対するエネルギー使用量と炭素排出量を測定して報告する必要がある。目標を達成する見返りとして、参加者は電気代と燃料費に追加される税金である気候変動税(CCL)の割引を受けることができる。

事業者は複数施設の使用量・排出量をまとめて報告することも可能であり、目標期間での目標達成により、次の期間も継続してCCL減税が適用される。

【参照ページ】
(原文)CCA scheme extended until March 2025
(日本語訳)気候変動協定スキームを2025年3月まで延長

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る