ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を促進するための新たな2年間の作業計画および声明を発表した。

ISSBが現在検討している気候変動に関する開示基準を規定したIFRS S2では、企業に低炭素経済への移行計画を報告することを求めている。今回の発表では、新たにIFRS S2開示の一環として気候移行計画を促進する方向性を示した。英国政府が掲げる移行計画タスクフォース(TPT)の枠組みを利用して、報告の一貫性を確保する計画である。

また、ISSBは温室効果ガス(GHG)排出量の効果的な測定を確実にするため、GHGプロトコルとの間で、ガバナンス体制を整える覚書を交わした。

さらに、ISSBはGRI(Global Reporting Initiative)と共同で一般的な開示項目の統合を目指し、企業が投資家や他のステークホルダーの情報ニーズに応えるための包括的な報告システムを提供することを目指すとした。また、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)の提言を考慮しつつ、生物多様性や生態系サービスに関する研究プロジェクトを開始すると発表した。

【参照ページ】
(原文)ISSB delivers further harmonisation of the sustainability disclosure landscape as it embarks on new work plan
(日本語参考訳)ISSBは新たな作業計画に着手し、持続可能性開示環境のさらなる調和を実現

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る