HSBC、顧客の気候変動対策計画を見直し、融資継続の可否を判断

 

3月16日、HSBCは、ネット・ゼロの融資目標を推進するための一連の重要なステップを発表した。同社は今回のステップを、化石燃料への融資を段階的に削減すること、および融資サービスを提供するかどうかを評価するために顧客の移行計画を見直すことを目的としている。

新たなステップは、炭素集約型の石油・ガスおよび電力・公益事業部門に対する排出削減目標の融資を導入したことや、12月から石炭火力発電および一般炭鉱への融資を段階的に停止することを約束するなど、当行の気候関連融資に関する発表に基づいている。

HSBCが発表した重要なステップの一つは、来年に銀行全体の気候変動対策計画を公表することで、気候戦略、科学的根拠に基づく排出削減目標をより幅広い戦略・プロセス・政策・ガバナンスに統合するなど、ネット・ゼロ目標をどのように実行していくかを概説している。

HSBC はまた、化石燃料への融資を世界の気温上昇を 1.5℃に抑えるのに見合ったレベルまで段階的に削減する計画や、エネルギー転換に積極的な役割を果たし、ESG 課題に関する優れた業界慣行を適用するエネルギー部門の顧客を支援する計画など、いくつかのエネルギー融資に関する公約を発表した。移行への融資という目標を促進するために、HSBC は顧客に対して移行計画の提出を求める予定である。計画が提供されない場合、あるいは銀行のネット・ゼロ目標に適合しない場合、HSBCはその顧客に対する融資を継続するかどうかを正式に評価する。

さらに、HSBC は、2050 年までにネット・ゼロを達成するために、新たな科学、国際的指針、業界の優れた実践を最もよく反映するために、どのように方針を更新できるかを評価し、今年中に広範囲の融資および投資方針を見直し、更新することを約束した。

【参照ページ】
(原文)HSBC announces net zero steps
(日本語訳)HSBC、顧客の気候変動対策計画を見直し、融資継続の可否を判断

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る