Google、2030年までのカーボンフリーエネルギー目標の進捗を発表

 

Googleは、2030年までに24時間365日カーボンフリーなエネルギーを調達するという目標を達成するための重要なツールの一つであるT-EACsに関する一連の業績を発表した。

T-EACsは、電力がどこでどのように生産されたかを追跡し、その電力がいつ生産されたかを具体的に証明する手段である。Googleは昨年、本ソリューションを一部のデータセンターで試験的に導入し、クリーンエネルギーのマッチングを1時間単位で検証する手法を提供した。

Googleは、1時間ごとの証明書の利用を全社的に、またGoogleの外にも拡大したことを明らかにした。また、エネルギーデータと時間単位のマッチングを解除するためのツールやシステムの開発を加速させ、T-EACの普及を推進するための技術標準を策定している。

Googleによると、T-EACsが完全に開発・展開されれば、同社が掲げる24時間365日カーボンフリー目標の達成への貢献が可能となる。またT-EACは、電力網におけるカーボンフリーエネルギーの利用可能性について、1日中どの時間帯でも把握することができるようになる。

エネルギー消費者は自分のエネルギー使用についてより良く理解することができ、政府やシステム運用者はより迅速な脱炭素化戦略を策定できるようになる。さらに、二酸化炭素を排出しないエネルギーを供給する技術やプロジェクトへの新たな投資を刺激する価格シグナルを生み出すこともできる。

Googleはまた、1時間単位でクリーンエネルギー証書を発行・追跡する機能を促進するため、世界中のレジストリとのパートナーシップを発表した。

【参照ページ】
(原文)Timely progress towards around-the-clock carbon-free energy
(日本語訳)Google、2030年までの24時間365日カーボンフリーエネルギー実現に向け進歩

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る