Ford、世界生産の野心的な目標の中で、新しい電池容量計画を発表

Ford、世界生産の野心的な目標の中で、新しい電池容量計画を発表

7月21日、自動車世界大手のFordは、新型電気自動車に対する強い需要を背景に、2023年後半までに60万台、2026年末までに200万台以上の電気自動車の年間生産台数を目標に、バッテリー容量と原材料の調達に関するいくつかのイニシアティブを発表した。

同社は、「Ford+」計画の一環として、これらの生産目標を支えるグローバルな車両ポートフォリオ計画を詳述している。 Fordは、2026年までの電気自動車の年間平均成長率が90%を超えると見込んでおり、これは世界的な業界の成長予測の2倍以上となる。Fordは2026年までEVに500億ドル以上(約6.7兆円)を投資する計画で、2026年までに会社全体の調整後EBITマージンを10%、EVのEBITマージンを8%にすることを目標としている。

Fordは、サステナビリティと人権へのコミットメントを維持する新しいEVサプライチェーンを構築しながら、2030年までに世界生産の半分以上をEVとし、遅くとも2050年までにグローバルでカーボンニュートラルを達成する計画を続けている。

Fordは、以下のモデルで、2023年後半までに全世界で60万台のEV走行を達成する計画である。

  • Mustang Mach-E 27万台(北米、欧州、中国向け)
  • F-150 Lightnings 15万台(北米向け)
  • トランジットEV 15万台(北米・欧州向け)
  • 新型SUV 3万台(欧州向けで2024年に大幅増産予定)

Fordは、既存のニッケル・コバルト・マンガン(NCM)化学に加え、リン酸鉄リチウム(LFP)セル化学をポートフォリオに追加する予定だ。これにより、需要の高い製品のための容量がさらに増え、航続距離の減少を最小限に抑えながら何年も使用できるようになる。また、ニッケルなどの希少な重要鉱物に依存することも少なく、現在のコストで考えると、FordにとってNCM電池に比べて10~15%の材料費削減をもたらす。

Fordは、この60万台のEV走行を支えるために必要な年間電池容量60ギガワット時(GWh)を、世界中の大手電池メーカーと協力して100%確保した。

Fordは、Contemporary Amperex Technology Co., Ltd. (CATL)が、来年から北米向けマスタング・マッハEモデル、2024年初頭からF-150ライトニングにフルLFPバッテリーパックを供給することを発表した。FordのEVアーキテクチャーの柔軟性により、CATLの角型LFPセル・トゥ・パック技術を効率的に組み込み、迅速に容量を拡大して顧客の需要に対応できる。

Fordはまた、LGエナジーソリューション(LGES)との長年の関係やSK Onとの戦略的関係を活用し、2023年後半のバッテリー容量目標を達成しようとしている。長年のサプライヤーであるLGESは、Mustang Mach-EおよびE-Transitモデル向けのNCMセル増産をサポートするため、ポーランドのヴロツワフの施設で迅速に拡張し、生産能力を2倍に増やした。

さらに、SK Onは、2023年後半までフォードの大量生産モデルであるF-150ライトニングとE-Transitをサポートするために、アトランタ工場でのNCMセル生産を当初の計画よりも拡大し、ハンガリー工場で新しいバッテリーセル生産能力を提供するための能力を導入している。FordはEVサプライチェーンを再構築しているが、すでに市場に投入している第1世代のEVでは、マスタング・マッハeやその他の電気自動車モデルに対する消費者の評価が高く、潜在的なEV購入者の需要シグナルは強まり続けている。

EYが発表した調査によると、今後2年間に車を購入する予定の消費者の過半数が、初めてEVまたはハイブリッド車を選ぶと回答し、昨年から11%、2020年から22%増加した。その増加のほとんどは、フルEVのためのものだ。まだEVを配備していない商業所有者のうち、米国のフリートマネージャーの60%が、フォードプロの調査で、2年以内にEVを追加する予定であると回答している。

F-150ライトニングとマスタング・マッハEに対する市場の反応は強く、Fordに新たな顧客をもたらしている。マスタング・マッハEは、第1四半期のFord調査によると、市場内車両購入者の好感度において、そのセグメントでトップを共有し、F-150ライトニングの好感度は、内燃エンジンを搭載するF-150に次いで2位であった。

【参照ページ】
(原文)FORD RELEASES NEW BATTERY CAPACITY PLAN, RAW MATERIALS DETAILS TO SCALE EVS; ON TRACK TO RAMP TO 600K RUN RATE BY ’23 AND 2M+ BY ’26, LEVERAGING GLOBAL RELATIONSHIPS
(日本語訳)フォード、EVの普及に向けた新しい電池容量計画および原材料の詳細を発表。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る