カルフォルニア州、ゼロ・エミッション技術への移行を支援する新しいパイロット・プログラムを開始

7月8日、カリフォルニア州大気資源局は、小規模なトラック運送会社によるゼロ・エミッション技術への移行を支援するための新しいパイロット・プログラムを開始する予定だと発表した。

革新的小型e-Fleetパイロットプログラムは、トラック保有台数が20台以下、年間売上高が1500万ドル(約20億円)以下の個人所有および非営利のトラック運送事業者に焦点を当てるものである。本プログラムの試験運用では、小規模な運送会社がゼロ・エミッションに移行するのを支援するため、さまざまな革新的ソリューションの実施に2500万ドル(約33億円)が提供される予定だ。具体的なサポート内容は、柔軟な資金調達、短期レンタル、インセンティブや給油サポートを強化した包括的なトラック・アズ・ア・サービスのオプションなどのフルサービス・リースが含まれる。

本プログラムは、より大規模なハイブリッドおよびゼロエミッションのトラックおよびバス・バウチャー・インセンティブ・プロジェクト(HVIP)の一環として実施される。

小規模な運送会社やオーナー経営者は、高い初期費用、限られた資金、充電のための複雑な計画など、ゼロ・エミッション・トラックを採用する上での問題に直面してきた。HVIPは、資金を小規模フリート用に割り当てることで、従来は十分なサービスを受けていなかった小規模フリート特有のニーズをよりよく理解し、来るべきアドバンスト・クリーンフリート規則に先立ち、ゼロ・エミッションへの移行を支援することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)New pilot program to help small trucking fleets transition to zero-emission technologies
(日本語訳)カルフォルニア州、ゼロ・エミッション技術への移行を支援する新しいパイロット・プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る