GM、サプライヤーに気候変動と人権に関する目標へのコミットメントを要請

4月25日、自動車大手ゼネラルモーターズ(以下、GM)は、数十億ドル規模のサプライチェーンを構成するサプライヤーに対し、気候変動、人権、持続可能な調達に関する具体的な約束を盛り込んだ、新たな「環境・社会・ガバナンスに関するパートナーシップ誓約書」への署名を要請すると発表した。

GMによると、サプライヤーと協力して温室効果ガスの排出を削減することは、自社の二酸化炭素排出量を削減する戦略の一環であり、2040年までにカーボンニュートラルを達成する計画や、2035年までに新車の小型車からテールパイプ排出をなくすという目標を含む、オール電化のビジョンを掲げるGMの目標でもある。同社はまた、自動車産業が電気自動車に移行する際の公平性への配慮を強調し、昨年、ゼロエミッションの将来像を追求する際に公平な気候変動対策を優先することを誓約している。

今回の新しいESG誓約は、サプライヤーに対して、各業界に応じて目標期日を定め、スコープ1と2の排出量についてカーボンニュートラルを達成することを約束し、持続可能性評価プロバイダーのEcoVadisによるスコアリングシステムに基づいて、従業員の健康と安全、社会対話、多様性と非差別、児童労働と強制労働、汚職、非競争的慣行を対象とした持続可能性管理システムに関して2025年までに特定のスコアを達成するように要請するものだ。また、持続可能な調達のために、2025年までに自社のサプライヤーのESG慣行を網羅したEcoVadisスコアの最低値を達成するようサプライヤーに求めている。

【参照ページ】 
(原文)GM Asks Suppliers to Sign Pledge Advancing Global Climate Action and Human Rights
(日本語訳)GM、サプライヤーに地球規模の気候行動と人権を推進する誓約書に署名するよう要請

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る