イギリス、気候移行計画の開示基準を策定するタスクフォースを立ち上げ

4月25日、イギリスの経済・財務省は、企業が気候変動に関する移行計画を開示するための枠組みと基準の確立を目的とした新たなイニシアチブ、英国移行計画タスクフォース(TPT)を発足した。

今回のタスクフォースの発足は、昨年、英国のリシ・スナック財務大臣が、企業や資産運用会社に対する新たなサステナビリティ開示要求(SDR)の実施に向けた国の戦略をまとめたロードマップ「Greening Finance」の発表を受けたものだ。SDRは、英国のグリーンファイナンス戦略の主要な部分を形成しており、英国を国際的なグリーンファイナンスの中心地として確立し、金融部門と資本フローを世界および国内の気候・環境目標の実現に一致させることを目的としている。

また、ロードマップでは、一部の企業に対してネットゼロ移行計画を開示するよう、Compliance or Explain方式での要求を導入した。11月のCOP26では、Sunakが英国の金融機関と上場企業に対してネット・ゼロ移行計画の開示の義務付けを発表し、HM Treasuryはグリーンウォッシュを防ぐために、業界や学界のリーダー、規制当局、市民社会団体からなる移行計画タスクフォースを設立し、移行計画の「ゴールドスタンダード」を策定する計画を明らかにした。

2年間の任期で設立されたTPTは、2022年末までに、「科学的根拠に基づく、標準化された有意義な移行計画」を可能にする移行計画開示フレームワーク、金融や主要経済セクター向けの規制テンプレートとガイダンス、報告に関する保証と第三者検証の役割、正確で説明可能な計画の作成とグリーンウォッシュの回避に関する最初の提言を行うことを目標としている。

【参照ページ】 
(参考記事)U.K. debuts task force on climate transition plans
(日本語訳)英国が気候移行計画に関するタスクフォースをデビュー

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る