National Grid、歴史的な脱化石燃料計画を発表

4月19日、National Gridは増大する気候変動の脅威に対応するために、より安価で信頼できるクリーンエネルギーの未来への道筋を打ち出した。ナショナル・グリッドのクリーン・エネルギー・ビジョンでは、ガスネットワークから化石燃料を排除し、再生可能天然ガス(RNG)とグリーン水素に置き換えるとともに、エネルギー効率を最大化し、顧客が希望する場合には対象地域での暖房の電化を支援する。

目標とする電化やエネルギー効率の向上と組み合わせることで、100%化石燃料を使用しないガスネットワークは、ニューヨーク州およびマサチューセッツ州の2,000万人以上に、より安価で信頼性の高いクリーンエネルギーの未来を提供する。National Gridの化石燃料を使用しないビジョンは、ネット・ゼロ・エネルギーの未来を実現し、当社が事業を展開する各州の気候目標を達成するだけでなく、クリーン・エネルギーへの移行においてどの顧客やコミュニティも取り残されないよう、手頃な価格のクリーン・エネルギーの選択肢をさらに提供する。

National Gridの脱化石燃料およびネット・ゼロのビジョンは、脱炭素化のための明確なロードマップを作成し、イギリスの北東部の寒冷な気候でいかにクリーンかつ安価に、そして確実に家庭やビジネスを暖めるかという最も困難な問題に対処する。本発表は、National GridがRWEとの合弁事業でニューヨーク湾における洋上風力発電のリース権を獲得したことや、米国で最初の水素を家庭に混合するグリーン水素プロジェクトの1つであるHyGridを発表したことに伴うものである。

【参照ページ】 
(原文)National Grid Announces Historic Fossil-Free Plan, Launching Bold Clean Energy Vision for Massachusetts and New York
(日本語訳)マサチューセッツ州とイタリア州に大胆なクリーンエネルギービジョンを提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る