Mastercard、6大陸で新たに15のプロジェクトを実施し、森林再生活動を拡大

4月19日、Mastercardは、Priceless Planet Coalitionの森林再生活動を拡大し、新たに15件の再生プロジェクトを追加し、合計18件のプロジェクトを世界各地で実施すると発表した。本プロジェクトは、1億本の木を回復させるという連合の目標に向けた進捗を加速させるものだ。Mastercard Economics Instituteによると、環境に配慮した慈善団体への消費者の寄付は、パンデミック前の2019年の水準と比較して、2022年には世界で48.4%増加し、他の団体への寄付の伸びを上回ると予想されている。

プライスレス・プラネット連合のプロジェクト・ポートフォリオには、以下の場所における多様な地理的表現が含まれている。アジア太平洋地域(オーストラリア、カンボジア、中国、インド、フィリピン)、中南米(ブラジル、コロンビア、グアテマラ)、ヨーロッパ(フランス、ポルトガル、スペイン、スコットランド)、中東・アフリカ(マダガスカル、コンゴ民主共和国、ケニア、マラウイ、アラブ首長国連邦)、北米(メキシコ、米国)。オーストラリア、ケニア、ブラジルのアマゾンで進行中のコーリションによる植林を土台に、以上のような拡大が行われる。

森林再生は、気候変動対策として最も効果的で費用対効果の高い方法として広く認知されている。プライスレス・プラネット・コーリションは、単に植林を行うだけでなく、最もニーズが高く、気候やコミュニティ、生物多様性の目標にプラスの影響を与える可能性の高い場所で森林を再生させることに重点を置いている。同社は、パートナーであるコンサベーション・インターナショナルと世界資源研究所の指導のもと、科学に基づくベストプラクティスを用いて、新たなプロジェクトサイトの特定、適切な樹種の選択、継続的なモニタリングによる長期的な森林の健全性の確保を行い、同時に地域社会に経済機会を提供している。

【参照ページ】 
(原文)Mastercard expands the Priceless Planet Coalition’s forest restoration effort
(日本語訳)Mastercard、PricelessPlanetCoalitionの森林回復の取り組みを拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る