クリーンテック・プロバイダーTerabase、ソーラー自動配備プラットフォームの拡張のため約60億円を調達

クリーンテック・プロバイダーのTerabaseが、ソーラー自動配備プラットフォームの拡張のため約60億円を調達

8月2日、太陽光発電に特化したテクノロジー企業であるTerabase Energyは、4400万ドル(約60億円)を調達したと発表した。本資金は、同社のデジタルおよびロボットプラットフォームによる、事業規模の太陽光発電所の自動配備を拡大する。

今回の資金調達は、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough EnergyとベンチャーキャピタルのPrelude Venturesが共同で行い、SJF Venturesやその他の既存投資家が参加した。

2019年に設立されたTerabaseは、太陽光発電所のコストを削減し、展開を加速させる、相互接続されたデジタルおよび自動化プラットフォームを開発している。同プラットフォームは、グリッド接続されたPVプラントの両方をサポートし、将来的にPVによるグリーン水素の生産性を上げることを目的としている。同社の既存のソリューション群には、プラント設計、太陽エネルギー・モデリング、建設管理用のクラウドベース・アプリケーションが含まれる。

Terabaseによると、今回の資金調達により、2023年には同社の統合ソリューションの完全な商業展開が可能になる。 Terabaseは最近、太陽光発電所の建設におけるロボティクス導入としてはこれまでで最大規模となる、初の商業プロジェクトを発表した。

【参照ページ】
(原文)Terabase Energy Raises $44 Million Series B to Digitalize and Automate the Deployment of Utility-Scale Solar Power Plants
(日本語訳)Terabase Energy、ユーティリティスケールの太陽光発電所のデジタル化と自動化を目指し、4400万ドルのシリーズB資金を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る