クリーンテック・プロバイダーTerabase、ソーラー自動配備プラットフォームの拡張のため約60億円を調達

クリーンテック・プロバイダーのTerabaseが、ソーラー自動配備プラットフォームの拡張のため約60億円を調達

8月2日、太陽光発電に特化したテクノロジー企業であるTerabase Energyは、4400万ドル(約60億円)を調達したと発表した。本資金は、同社のデジタルおよびロボットプラットフォームによる、事業規模の太陽光発電所の自動配備を拡大する。

今回の資金調達は、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough EnergyとベンチャーキャピタルのPrelude Venturesが共同で行い、SJF Venturesやその他の既存投資家が参加した。

2019年に設立されたTerabaseは、太陽光発電所のコストを削減し、展開を加速させる、相互接続されたデジタルおよび自動化プラットフォームを開発している。同プラットフォームは、グリッド接続されたPVプラントの両方をサポートし、将来的にPVによるグリーン水素の生産性を上げることを目的としている。同社の既存のソリューション群には、プラント設計、太陽エネルギー・モデリング、建設管理用のクラウドベース・アプリケーションが含まれる。

Terabaseによると、今回の資金調達により、2023年には同社の統合ソリューションの完全な商業展開が可能になる。 Terabaseは最近、太陽光発電所の建設におけるロボティクス導入としてはこれまでで最大規模となる、初の商業プロジェクトを発表した。

【参照ページ】
(原文)Terabase Energy Raises $44 Million Series B to Digitalize and Automate the Deployment of Utility-Scale Solar Power Plants
(日本語訳)Terabase Energy、ユーティリティスケールの太陽光発電所のデジタル化と自動化を目指し、4400万ドルのシリーズB資金を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る