TernaとPIRELLI、持続可能なモビリティの開発で提携

7月21日、イタリアの国営送電線事業者であるTernaは、従業員の持続可能なモビリティを促進する目的で、世界有数のタイヤメーカーであるPIRELLIのe-bikeシェアリング・プロジェクト「CYCL-e around」をイタリアで初めて全国規模で採用した。

CYCL-e aroundは、 PIRELLI が提供する「e-bike sharing」サービスで、イタリア国内に点在する8つのTerna支店の従業員が、通勤や勤務時間中の移動に使用できるペダルアシスト付き自転車を提供するものだ。CYCL-e aroundは、持続可能な交通手段へのアクセスを容易にし、個人が安全にこのソリューションを試し、様々なモビリティに長い間携わってきたPIRELLIの専門知識を利用できるよう、モビリティの代替形態を促進する。

TernaとPIRELLIの契約では、4つのレンタルオプションが用意されている。
・勤務時間中にe-bikeを使い、仕事のために市内を移動する「ワーキングタイム」
・毎日の通勤に使う「ホーム2ワーク」
・連続7日間使用する「スマートウィーク」
・週末にPIRELLIの電動バイク車を使い、走行距離に制限のない「ウィークエンドブレーク」

Ternaの社員は、社内にある専用アプリを利用してe-bikeを予約できる。PIRELLIの電動バイクは、Ternaの各支店にある保管・メンテナンス用の特別な設備が整った場所で利用される。

【参照ページ】
(原文)TERNA AND PIRELLI JOIN FORCES FOR THE DEVELOPMENT OF SUSTAINABLE MOBILITY
(日本語訳)伊送配電大手Ternaとタイヤ大手PIRELLI、持続可能なモビリティの開発で提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る