ServiceNow、ESGデータ管理・報告ソリューションを提供開始

9月21日、デジタルワークフロー企業のServiceNowは、企業がESGプログラムを管理・統制できるようにすることを目的とした新製品、ESGマネジメントの発売を発表した。このESGソリューションは、同社のエンタープライズ規模のワークフローオートメーション製品の最新版であるNow Platform Tokyoの一部を構成している。

本リリースは、ServiceNowが昨年発表したESGソリューションに続くもので、 Now Platformを活用し、企業がESG戦略やイニシアティブを計画、実行、管理、報告できるように設計されている。新リリースでは、企業がESG目標やKPIを設定・文書化し、パフォーマンスを追跡し、監査に耐えうるデータを収集・検証し、主要なESG報告フレームワークに沿った情報開示を作成するための機能強化が図られている。

主な機能には、温室効果ガス(GHG)排出量を計算する炭素会計、進捗状況を評価し洞察を引き出すESG指標追跡ツール、ネット・ゼロやスコープ1、スコープ2、スコープ3の目標達成に向けたシナリオを企業が実行できる戦略ポートフォリオ管理ツールなどがある。

ServiceNowは、DXCテクノロジー、エミッションズボックス、富士通、KPMG、LTI、マインドツリー、株式会社NTTデータ、RSM US LLPなど、一連の企業やサービスプロバイダーと協力し、ESGマネジメントの範囲と機能を拡大すると発表している。

【参照ページ】
(原文)ServiceNow Unveils the Now Platform Tokyo Release to Help Organizations Drive Business Transformation Amid Complex Macro Environment
(日本語訳)ServiceNow、ESGデータ管理・報告ソリューションを提供開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る