ServiceNow、ESGデータ管理・報告ソリューションを提供開始

9月21日、デジタルワークフロー企業のServiceNowは、企業がESGプログラムを管理・統制できるようにすることを目的とした新製品、ESGマネジメントの発売を発表した。このESGソリューションは、同社のエンタープライズ規模のワークフローオートメーション製品の最新版であるNow Platform Tokyoの一部を構成している。

本リリースは、ServiceNowが昨年発表したESGソリューションに続くもので、 Now Platformを活用し、企業がESG戦略やイニシアティブを計画、実行、管理、報告できるように設計されている。新リリースでは、企業がESG目標やKPIを設定・文書化し、パフォーマンスを追跡し、監査に耐えうるデータを収集・検証し、主要なESG報告フレームワークに沿った情報開示を作成するための機能強化が図られている。

主な機能には、温室効果ガス(GHG)排出量を計算する炭素会計、進捗状況を評価し洞察を引き出すESG指標追跡ツール、ネット・ゼロやスコープ1、スコープ2、スコープ3の目標達成に向けたシナリオを企業が実行できる戦略ポートフォリオ管理ツールなどがある。

ServiceNowは、DXCテクノロジー、エミッションズボックス、富士通、KPMG、LTI、マインドツリー、株式会社NTTデータ、RSM US LLPなど、一連の企業やサービスプロバイダーと協力し、ESGマネジメントの範囲と機能を拡大すると発表している。

【参照ページ】
(原文)ServiceNow Unveils the Now Platform Tokyo Release to Help Organizations Drive Business Transformation Amid Complex Macro Environment
(日本語訳)ServiceNow、ESGデータ管理・報告ソリューションを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る