スポーツブランドOn、回収した炭素から作られた世界初のシューズを発表

9月15日、スイスのスポーツブランドOnは、Cloudprimeと呼ばれる炭素排出物から作られた世界最初のシューズを発表した。これは、炭素排出物を原料として作られた新しいフォーム素材「CleanCloud」を作ることで、石油系資源からの脱却を意味する。Onは、靴のミッドソール、特にEVA(エチレンビニルアセテート)フォームの主原料として炭素排出物を探求した靴業界で最初の企業であり、将来的には他の靴の部品や製品にも使用される可能性がある。

Onは、CleanCloudの開発にあたり、生化学、プロセス、材料のイノベーションにおいて最も革新的な企業であるLanzaTech、Borealis、Technip Energiesの3社とパートナーシップを結んでいる。

また、持続可能なイノベーションという同じ精神に基づき、Onは循環型スタートアップ企業であるNovoloopと協力し、消費者から回収したプラスチック廃棄物を化学的にアップサイクルした世界初のTPUを使用したCleanCloudアウトソールも開発している。

本アウトソールは、研究所とアスリートによる厳しいテストを経て、化石由来のTPUと同等の仕様を満たし、カーボンフットプリントの大幅な削減を実現している。アッパーには、フランスの若手スタートアップ企業であるFairbricsと共同で、炭素排出物から作られたポリエステルベースのテキスタイルを使用している。

【参照ページ】
(原文)On presents the first ever shoe made from carbon emissions in partnership with LanzaTech, Borealis and Technip Energies
(日本語訳)スポーツブランドOn、回収した炭素から作られた世界初のシューズを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る