スポーツブランドOn、回収した炭素から作られた世界初のシューズを発表

9月15日、スイスのスポーツブランドOnは、Cloudprimeと呼ばれる炭素排出物から作られた世界最初のシューズを発表した。これは、炭素排出物を原料として作られた新しいフォーム素材「CleanCloud」を作ることで、石油系資源からの脱却を意味する。Onは、靴のミッドソール、特にEVA(エチレンビニルアセテート)フォームの主原料として炭素排出物を探求した靴業界で最初の企業であり、将来的には他の靴の部品や製品にも使用される可能性がある。

Onは、CleanCloudの開発にあたり、生化学、プロセス、材料のイノベーションにおいて最も革新的な企業であるLanzaTech、Borealis、Technip Energiesの3社とパートナーシップを結んでいる。

また、持続可能なイノベーションという同じ精神に基づき、Onは循環型スタートアップ企業であるNovoloopと協力し、消費者から回収したプラスチック廃棄物を化学的にアップサイクルした世界初のTPUを使用したCleanCloudアウトソールも開発している。

本アウトソールは、研究所とアスリートによる厳しいテストを経て、化石由来のTPUと同等の仕様を満たし、カーボンフットプリントの大幅な削減を実現している。アッパーには、フランスの若手スタートアップ企業であるFairbricsと共同で、炭素排出物から作られたポリエステルベースのテキスタイルを使用している。

【参照ページ】
(原文)On presents the first ever shoe made from carbon emissions in partnership with LanzaTech, Borealis and Technip Energies
(日本語訳)スポーツブランドOn、回収した炭素から作られた世界初のシューズを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る