経産省、「デジタルガバナンス・コード2.0」を策定

経産省、「デジタルガバナンス・コード2.0」を策定

9月13日、経済産業省は8月10日から9月8日までの間に実施したパブリックコメントのご意見も踏まえ、「デジタルガバナンス・コード2.0」の策定を発表した。同省は、2020年11月に、企業のDXに関する自主的取組を促すため、デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンの策定・公表といった経営者に求められる対応を「デジタルガバナンス・コード」として取りまとめた。また、本年1月に「コロナ禍を踏まえたデジタル・ガバナンス検討会」を立ち上げ、デジタルガバナンス・コードの改訂に向けた検討を進めてきた。

改訂のポイントは以下の通りである。

(1)デジタル人材の育成・確保

  • デジタル人材の育成・確保をDX認定の認定基準に追加
  • 経営戦略と人材戦略を連動させた上でのデジタル人材の育成・確保の重要性を明記

(2)SX/GX

  • DXとSX/GXとの関係性を記載

(3)「デジタル産業への変革に向けた研究会」におけるDXレポート2.2 の議論の反映

  • 企業の稼ぐ力を強化するためのデジタル活用の重要性を指摘
  • 経営ビジョン実現に向けたデジタル活用の行動指針を策定する必要性を記載

(4)「DX推進ガイドライン」との統合

  • DX推進施策体系を「デジタルガバナンス・コード」に一本化。これまでガイドラインに紐づけていたDX推進指標は、新たにコードに紐づけ

同省は今回の改訂でDXとSX/GXの関係性に関して、「近年その重要性が指摘されているSXやGXについては、これらをさらに効果的かつ迅速に推進していくために、DXと一体的に取り組んでいくことが望まれる」と述べている。

【参照ページ】
デジタルガバナンス・コード2.0

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る