共和党、一連の反ESG報告・投資法を新たに提案

7月24日、米国議会の下院金融サービス委員会の共和党議員は、資本・金融市場におけるESGイニシアティブの影響力を後退させることを目的とした一連の法案の提出を発表した。その中には、企業に対するESGや気候変動関連の開示要求の実施に向けた取り組みを頓挫させる提案や、サステナビリティ問題について投資家が企業に関与する能力を低下させる提案が含まれている。

新法案の提案には、企業が重要であると判断した問題についてのみ報告を義務付けること、企業が委任状からESG関連の株主提案を除外することを認めること、気候関連の財務リスクについて規制当局が協力する能力を低下させることなどが含まれている。

この動きは、米国の共和党政治家による一連の反ESGイニシアティブの最新版であり、委員会は新法案を「ESGイニシアティブが米国の金融システムにもたらす脅威」に対処することを目的としていると説明している。下院共和党は2023年2月に「ESGワーキンググループ」を発足させ、ESG提案に関する党のアプローチを調整し、SECの今後の気候関連開示規則や、「民主的な法制化を回避する方法でイデオロギー的嗜好を押し付けるための」投資家による委任状投票プロセスの利用などを重点分野としている。

新法案には、SECが今後導入する気候関連開示規則を対象とした「統一的かつ責任ある開示要求と情報制限の指針(GUARDRAIL)法」が含まれる。本法案では、SECが開示を求めることができるのは、発行者が議決権行使や投資判断に重要であると判断したものに限られる。同法案はまた、SECに対し、Corporate Sustainability Reporting Directive(CSRD)やCorporate Sustainability Due Diligence(CSDD)法など、米国の大企業にサステナビリティ関連の開示を事実上義務付けている最近の欧州規則の「有害な影響」と法的根拠を評価するよう求めている。

政治からアメリカ人の退職貯蓄を守る法律には、株主提案や委任状投票のプロセスを通じて投資家がESG問題に取り組むことを困難にする提案が含まれており、これには「主題が環境、社会、政治的なものである場合」、発行会社が株主総会資料から株主提案を除外することを認めるルールが含まれる。法案はまた、気候変動やDEI関連問題への支持をめぐって共和党の政治家が標的にしている委任状作成アドバイザリー会社に対する規則を導入し、資産運用会社が意思決定において「非金銭的」要素を考慮することについて、投資家から書面による同意を得ることを義務付けている。

同委員会が提出したその他の法案には、米国金融機関規制当局の主権と透明性(American FIRST)法が含まれる。本法案には、一連の要件を満たさない限り、米国の規制当局が金融安定理事会やバーゼル銀行監督委員会などの組織と気候変動関連リスクに関する会合を開くことを認めないという規則や、SECによる株主提案の管理を対象とするBusinesses Over Activists Actなどがある。

【参照ページ】
(原文)McHenry Announces Markup of Legislation to Establish Clarity for Payment Stablecoins, Combat ESG Initiatives in America’s Financial System
(日本語参考訳)共和党、一連の反ESG報告・投資法を新たに提案

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る