MassMutual、再エネ開発会社Low Carbonに700億円超を投資

 

7月25日、相互生命保険会社MassMutualは、再生可能エネルギー開発会社Low Carbonに最大4億ポンド(約730億円)を出資し、英国、欧州、米国の大規模再生可能エネルギー・プロジェクトに投資することを発表した。

本発表は、2021年11月に開始した両社の戦略的パートナーシップに基づくものである。太陽光、蓄電、陸上・洋上風力、廃棄物発電などの技術を含む国際的なプロジェクトを通じて、2030年までに20GWの再生可能エネルギー容量を達成することを目標に、大規模な世界的再生可能エネルギーIPP(独立系発電事業者)を開発することを目的としている。

両社によると、本コミットメントにより、Low Carbonは2025年までのプロジェクトパイプラインの流動性を確保し、コア能力を大幅に拡大する。2023年初め、Low Carbonは国際銀行グループと3億1,000万ポンド(約570億円)の融資枠を確保し、英国とオランダでのPVプロジェクト建設を可能にしたと発表した。

【参照ページ】
(原文)Low Carbon secures landmark investment from MassMutual to drive renewables growth
(日本語参考訳)MassMutual、再生可能エネルギー開発会社Low Carbonに5億ドル超を投資

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る