TD証券、カーボンアドバイザリー事業を開始

9月23日、カナダの投資銀行であるTD証券は、カーボンアドバイザリー事業を新たに立ち上げると発表した。

TD証券のESGソリューション・グループの一員として、TMXグループのサステナブル・ファイナンス担当ディレクターを経て、6月にTD証券に入社したマネージング・ディレクターのアンドリュー・ホールが、この新事業を率いる予定だ。TMX入社以前は、Capital Power社で北米の炭素・環境商品取引事業を率いていた。

カーボンアドバイザリーが提供するサービスには、プロジェクトの買収や投資に関するカーボンオフセットのアドバイス、カーボン市場へのアクセスや戦略的洞察、カーボンオフセット・ポートフォリオの構築、M&Aに焦点を当てたカーボン資産・負債に関するリスク評価・査定、プロジェクト開発者や金融参加者のための資金調達が含まれる。

同社はまた、ブリジット・リアルミュートをESG戦略の責任者に任命したことも発表している。リアルミュートは、ステート・ストリート社でESGリサーチ部門の共同責任者を務めた後、当社に入社する。ステート・ストリート入社以前は、トゥルコスト社でESG分析・商品開発担当マネージャーを務めていた。

【参照ページ】
(原文)TD Securities Launches Carbon Advisory Business
(日本語訳)TD証券、カーボンアドバイザリー事業を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る