投資大手BlackRock、インデックス顧客への議決権行使をオープン化

投資大手BlackRock、インデックス顧客への議決権行使をオープン化

6月13日、投資大手のBlackRock(ブラックロック)は、同社のインデックスファンドに投資している顧客に対して、委任状の議決権行使を自らコントロールする機能の提供を大幅に拡大すると発表。約5兆ドル(約670兆円)のインデックス株式のAUMの約半分に本プログラムを開放し、取り組みをさらに拡大する計画が明らかになった。

同社は昨年、米国と英国で運用されている年金基金、保険会社、企業などの一部の機関投資家を対象に、ブラックロック投票選択プログラムを導入した。

【関連記事】ブラックロック、投資家に委任状投票への参加機能を提供

今回のプログラム拡大により、英国ではより多くの機関投資家向けプールファンドに、カナダとアイルランドではプールファンドに議決権行使の選択肢が開かれる。

今回の拡充により、ブラックロックのインデックス株式資産4.9兆ドル(約657兆円)の47%が本プログラムに参加可能となる。また、米国年金制度の100%、ETF以外の欧州・英国インデックス株式資産の80%で議決権行使の選択が可能になる。

本プログラムには、以下3点が含まれる。
・機関投資家が独自のスチュワードシップ・プリファレンスを適用できるようにする(独自の議決権行使の専門知識とインフラを持つ大規模な企業を対象)
・特定のカテゴリー、セクター、市場について顧客が自分の希望を投票できるようにするハイブリッドアプローチ
・顧客が第三者委任状アドバイザーによる既製の投票ポリシーに従うことを認めるといったいくつかの投票オプションの提供。また、顧客は引き続きブラックロックに議決権行使の代行を依頼できる。

【参照ページ】
(原文)BlackRock Expands Voting Choice to Additional Clients
(日本語訳)ブラックロック、議決権行使の選択肢を追加顧客に拡大

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る