ISS ESG、現代奴隷制リスクを評価するツールを提供開始

ISS ESG、現代奴隷制リスクを評価するツールを提供開始

6月13日、Institutional Shareholder Services’(ISS)の責任投資部門であるISS ESGは、投資家によるグローバルポートフォリオの現代奴隷(Modern Slavery)リスクの評価や、現代奴隷やサプライチェーン関連の報告を支援する新しいツール「現代奴隷スコアカード」を発表した。

ISS ESGによると、北米、欧州、アジア太平洋地域の10以上の地域で現代奴隷制度やサプライチェーンに関する規制がすでに導入または検討されている。

本スコアカードを用いて、投資家は、現代奴隷に対するポートフォリオのエクスポージャーを評価し、地理的リスク・産業的リスク・製品リスクについての報告が可能となる。また、きめ細かいデータを社内評価に統合してデューデリジェンスのプロセスに反映し、現代奴隷制などの問題を持つ企業、パフォーマンスの低い企業を特定して対処することができる。

本ツールは、ESG企業評価、規範ベース・リサーチ、ESG国別評価を含むISSの3つのESGソリューションからのデータによって提供され、25の要素を評価するものである。今月現在、スコアカードは世界の約7,400の発行体をカバーしている。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Modern Slavery Scorecard and Augments Thematic Engagement Solution
(日本語訳)ISS ESG、現代奴隷制度に関するスコアカードの提供を開始、テーマ別エンゲージメント・ソリューションを強化

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る