ISS ESG、現代奴隷制リスクを評価するツールを提供開始

ISS ESG、現代奴隷制リスクを評価するツールを提供開始

6月13日、Institutional Shareholder Services’(ISS)の責任投資部門であるISS ESGは、投資家によるグローバルポートフォリオの現代奴隷(Modern Slavery)リスクの評価や、現代奴隷やサプライチェーン関連の報告を支援する新しいツール「現代奴隷スコアカード」を発表した。

ISS ESGによると、北米、欧州、アジア太平洋地域の10以上の地域で現代奴隷制度やサプライチェーンに関する規制がすでに導入または検討されている。

本スコアカードを用いて、投資家は、現代奴隷に対するポートフォリオのエクスポージャーを評価し、地理的リスク・産業的リスク・製品リスクについての報告が可能となる。また、きめ細かいデータを社内評価に統合してデューデリジェンスのプロセスに反映し、現代奴隷制などの問題を持つ企業、パフォーマンスの低い企業を特定して対処することができる。

本ツールは、ESG企業評価、規範ベース・リサーチ、ESG国別評価を含むISSの3つのESGソリューションからのデータによって提供され、25の要素を評価するものである。今月現在、スコアカードは世界の約7,400の発行体をカバーしている。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Modern Slavery Scorecard and Augments Thematic Engagement Solution
(日本語訳)ISS ESG、現代奴隷制度に関するスコアカードの提供を開始、テーマ別エンゲージメント・ソリューションを強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る