英政府、持続可能な排水システムで洪水リスクの軽減と河川の浄化を実現

英政府、持続可能な排水のための新しいアプローチで、洪水リスクの軽減と河川の浄化を実現

1月10日、英政府は、持続可能な排水システムを新規開発に義務付けることを提言した。これにより、地表水の氾濫や汚染のリスク、および従来の排水・下水道システムの負担が軽減される。

排水に対する新しいアプローチでは、持続可能な排水システムを設計し、排水路、草地、透水性表面、湿地などの特徴を利用して、新規開発における降雨の影響を軽減する。これにより、下水道や雨水排水の総量を減らすことができる。また、タンクやウォーターバットなどの特定の設備で水の再利用も可能にする。

本発表に続いて、2010 年洪水・水管理法へのスケジュール 3 の実施を通じて、新規開発における持続可能な排水システムを作成するための規制とプロセスが考案される。新しいアプローチは、2024 年中に実施される予定である。

政府は今後、開発部門に対する新たな規制の負担の累積的影響に留意しつつ、範囲、基準値、プロセスに関する最終決定を経て、スケジュール3の実施方法を検討する。

【参照ページ】
(原文)New approach to sustainable drainage set to reduce flood risk and clean up rivers 
(日本語参考訳)英政府、持続可能な排水のための新しいアプローチで、洪水リスクの軽減と河川の浄化を実現

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る