デロイト、Z世代とミレニアル世代への環境問題に関する調査結果を公表

デロイトは、Z世代とミレニアル世代を対象に仕事や世界全体に対する考えを調査し、結果を公表した。同調査では環境とサステナビリティについての調査も行われた。

同社は、北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア太平洋の44か国から22,800人以上のZ世代(1995~2005年生まれ)とミレニアル世代(1983~1994年生まれ)の回答者を対象に調査を実施した。

同調査において、Z世代とミレニアル世代のおよそ10人に6人が、ここ1ヶ月の間に気候変動について心配や不安を感じたことがあると答えた。

また、両世代のうち多くが企業が気候変動に対処するよう後押しする上で、政府が大きな役割を果たすべきだと感じている。また、消費者がより持続可能な購買決定を行えるようなメーカー側の努力も必要であると考えている。両世代は、彼らのキャリア決定や消費行動を通じて、企業に行動を促している。

また、下のような具体的な結果も得られた。

  • Z世代のうち46%が、またミレニアル世代のうち42%が、気候変動を理由に転職または業界変更を予定している。
  • Z世代のうち54%が、またミレニアル世代のうち48%が、自分または同僚が雇用主に気候変動対策を講じるよう警告していると回答した。
  • Z世代のうち64%が、またミレニアル世代のうち63%が、環境に配慮した製品を購入するために、より多くのお金を払うと回答した。
  • Z世代のうち25%が、またミレニアル世代のうち24%が、持続不可能な慣行のために企業との関係を断ち切ったり、縮小したりしたことがあると回答した。

同社は、環境やサステナビリティに関する問題は両世代にとって最も懸念している問題であるとした。

【参照ページ】
(原文)024 Gen Z and Millennial Survey: Living and working with purpose in a transforming world
(日本語参考訳)2024 年 Z 世代とミレニアル世代に関する調査: 変化する世界で目的を持って暮らし、働く

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る