カールスバーグとウォーターエイド、インドでの水涵養プログラムで協働

12月14日、カールスバーグ・インディアとウォーターエイド・インディアは、インド南部カルナータカ州マイスールの水不足に悩むナンジャングドで3年間の水滋養プログラムを開始した。 カールスバーグとウォーターエイドの協力により、インドの村議会「グラム パンチャヤット」5カ所において、3.4万人以上の人々にポジティブな影響を与えることが期待されている。

カールスバーグは、水がビールの主原料であることを認識し、消費した水と同量の水を地域社会や生態系に還元することを目的としたパートナーシップに取り組んでいる。本プログラムでは、湿地の保全、水源のサステナビリティ対策、中水の管理、持続可能な農業への介入といった重要な側面に取り組んでいる。具体的な水保全の取り組みだけでなく、意識向上キャンペーン、研修プログラム、地域社会の主要な利害関係者を積極的に巻き込むための収束会議も含まれる。

ナンジャングドは、年間降水量が平均以下であるため、重大な水問題に取り組んでいる。本地域で事業を展開するカールスバーグ・インディアは、水の保全に取り組む緊急の必要性を認識している。

また、カールスバーグとウォーターエイドは、持続可能な水管理への全体的なアプローチに焦点を当てたグローバル・パートナーシップを開始した。

パートナーシップは、本地域における持続可能な水管理のために、以下のような総合的なプログラムを策定している。

  • 湿地の回復: 貯水能力、水路、自生植生を強化するため、池やチェックダムを修復・改善する
  • 水源のサステナビリティ対策: 雨水を利用してより深い帯水層を涵養し、地域社会にとって信頼できる二次水源を確保する
  • 農業用水の効率化: 作物の収量を増やし、地下水への依存度を減らすため、精密灌漑技術を推進する
  • 雨水利用: 屋上での雨水利用により、飲料水や生活用水の持続可能な水源を確保し、余剰水は帯水層に涵養する
  • 水予算の策定: これらの対策により、持続可能な水の供給を確保し、プログラムの影響を監視する
  • キャンペーンと研修: 啓発キャンペーン、研修プログラム、収束会議により、コミュニティや主要な利害関係者を水保全の取り組みに参加させる

【参照ページ】
(原文)Carlsberg Group and WaterAid join forces to recharge water in Mysuru
(日本語参考訳)カールスバーグとウォーターエイド、協力してマイスルの水を涵養

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る