PG&E、クリーンエネルギーと山火事対策を目的とした8億6000万ドルのグリーンボンドを発行

PG&E、クリーンエネルギーと山火事対策を目的とした8億6000万ドルのグリーンボンドを発行

Pacific Gas and Electric社(パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック)の子会社であるPG&E Recovery Funding社(PG&Eリカバリー・ファンディング)は、8億6,000万ドルのグリーンボンドの発行を発表した。

このグリーンボンドは、電力システムの改善や、PG&Eのコミュニティ・ワイルドファイア・セーフティ・プログラムの活動を支援するもので、増大する山火事のリスクに直面している顧客を保護し、コミュニティの安全を確保することを目的としている。S&P Global Ratings社の分析によると、PG&E社の取り組みは、電気系統を強化し、山火事の発火や延焼を防ぎ、カリフォルニア州の森林の健全性を維持することで、環境面でもメリットがあるとしている。

環境面でのメリットに加え、重要な山火事対策のための資金を復興債で調達することは、従来の電力会社の融資に比べて証券化のコストが低いことから、顧客にとっても大きな節約になる。今回の取引により、従来の料金ベースの資金調達と比較して、正味の現在価値ベースで4億5千万ドルの顧客の節約になると予想されている。

【参照ページ】
(原文)PG&E Issues Its First ‘Green Bonds’ to Help Strengthen Electric Grid, Protect California Forests, Reduce Customer Costs
(日本語訳)PG&E社、クリーンエネルギーと山火事対策を目的とした8億6000万ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る