AENOR、Iberdrolaに「持続可能な調達戦略」認証を授与

AENOR、Iberdrolaに「持続可能な調達戦略」認証を授与

11月23日、マネジメントシステム認証機関AENORのCEOであるRafael García Meiroは、Iberdrola Groupのグローバル調達・サービスディレクターであるAsís Canalesに証明書を授与した。

AENORの認証は、Iberdrolaがサステナビリティに焦点を当てたサプライチェーンのビジョンを効果的に取り入れ、購買プロセスの管理、リスク管理、会社の統治ガイドラインの遵守を促進するデジタルツールの導入により、会社のサプライヤーと社内関係者との交流を継続的かつ透明な方法で促進したことを示している。

本認証は世界中のあらゆる活動分野に適用されるため、Iberdrolaは2021年までに、持続可能な調達管理システムで定められたサステナビリティレベルを超えるサプライヤーに108億2,700万ユーロ(約1兆5,736億円=発注総額の82.5%)を配分する予定である。

Iberdrolaは、サプライチェーン全体でサステナビリティを推進し、サステナビリティレベルが適切ではないサプライヤーには、長期にわたる関係のためにカスタマイズした改善計画の提案もしている。過去12ヶ月の間に500以上の計画が提出され、そのうちの50%以上のケースで、これらのサプライヤーは持続可能であると考えられるまでに改善された。

エネルギー会社は、環境、社会、ガバナンス(ESG)基準に基づくサプライヤー評価モデルを持っている。Iberdrolaは、人権遵守、気候変動リスクの管理、循環型経済戦略、国連の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献など、43の要素を考慮して、各サプライヤーのESGスコアを算出している。Iberdrolaグループが重要な本認証を取得したことは、品質に対するグローバルなコミットメントの一環であり、株主、顧客、従業員、サプライヤー、その他の社会のステークホルダーのために価値を創造するための不可欠な手段として、すべてのプロセスとリソースを優れた方法で管理することを意味するものである。

【参照ページ】
We became the first company with AENOR’s Sustainable Procurement Strategy certificate

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る