IKEA、宅配便の環境負荷低減に向けソーラーバイクを導入

IKEA、宅配便の環境負荷低減に向け、ソーラーバイクを導入

12月5日、IKEAは太陽光発電パネルを装備した電動カーゴバイクを、顧客に商品を届ける物流の最後の区間(ラストワンマイル)での輸送において導入すると発表した。

昨年、オランダのデルフトにあるIKEAストアでは、店舗周辺の市街地でソーラーカーゴバイクを使った試験運用を実施した。試験運用を評価した世界のIKEAフランチャイザーは、規模を拡大して、世界中のすべてのIKEAストアで、より持続可能で利用しやすく、コスト効率のよい代替手段を宅配便に追加する可能性を提供することを決定している。

グローバルに展開するIKEAのフランチャイザーは、サステナビリティ、アフォーダビリティ、アクセシビリティの3つを重要な優先分野としている。都市環境のニーズやeコマースの増加に対応でき、かつ気候や環境、コワーカーにやさしい新しいロジスティクスとカスタマー・フルフィルメントのソリューションを見つけることで、3つの優先事項のすべてを達成している。

IKEAは2030年までに、事業を拡大しながら、バリューチェーンが排出する量よりも多くの温室効果ガスを削減することで、気候変動に対応できる企業になることを目標に掲げている。

【参照ページ】
(原文)Solar-powered cargo bikes to reduce the home delivery climate footprint
(日本語参考訳)IKEA、宅配便の環境負荷低減に向け、ソーラーバイクを導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る