ピザチェーンPapa John’s、インセンティブ報酬をESGパフォーマンスと連動

 

5月4日、ピザチェーンのPapa John’s Internationalは、対象となる従業員と役員の年間賞与について、会社のESG目標に対する業績と進捗に連動させることを開始すると発表した。

Papa John’s の取り組みは、UBS、キャタピラー、アップル、トランなど、幅広い業界の企業が報酬をESGの進捗と関連付ける傾向が強まっていることの一例である。先月、Mastercardは、ボーナス支給額をESG目標に連動させる報酬モデルを、同社の全世界の従業員に拡大すると発表した。

【関連記事】Mastercard、全従業員の報酬をESG目標に連動

Papa John’sは、同社の2021年版企業責任報告書の発表と同時に、この取り組みを発表し、同社のESGへの取り組みと進捗を強調した。本報告書には、報酬プランの更新に関する詳細が記載されており、Papa John’s の経営インセンティブプラン(MIP)にESG指標を追加し、業績向上に貢献したチームメンバーや会社の主要事業戦略を支援したチームメンバーに報酬を与えることを目的としている。

ESG指標は、同社が実施した重要性評価によって選ばれたESG優先事項のポートフォリオに対する進捗によって評価される。このポートフォリオには、多様性、公平性および包括性の推進、環境影響に対処するための報告の強化と機会の特定、保存料、MSG、高果糖コーンシロップおよびパーム油の廃止を含む同社のより良い原材料への取り組みの推進に関する取り組みが含まれている。

また、持続可能なパッケージングと素材管理、持続可能な農業、同社の事業とサプライチェーンを通じた食品廃棄物の削減、温室効果ガス排出量の削減など、重要性評価で優先分野とされたいくつかの分野も取り上げている。

【参照ページ】
(原文)PAPA JOHNS ANNOUNCES ESG METRIC FOR INCENTIVE COMPENSATION IN LATEST CORPORATE RESPONSIBILITY REPORT
(日本語訳)Papa John’s、インセンティブ報酬をESGパフォーマンスと連動

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る