英大手保険スタンダードライフ、2兆4,000億円以上をサステナブル戦略に移行

長期貯蓄・投資会社スタンダードライフ、2兆4000億円以上をサステナブル戦略に移行

5月3日、英大手保険グループのスタンダードライフは、 マスター・トラスト年金制度の87,000人の加入者を、同社の主力商品である職場デフォルトソリューション「サステナブル・マルチ・アセット(SMA)」へ変更したと発表した。本変更は、年金貯蓄者のための確定拠出年金(DC)のデフォルト・ソリューションとしてサステナブル戦略を確立する計画の一環として行われた。

スタンダードライフは、2022年までに150億ポンド(約2億4,000億円)以上、150万人の顧客をサステナブル戦略へ移行する予定である。今回の発表により、サステナブル・マルチ・アセット・ユニバーサルSLPのAUMは11億ポンドに達した。

スタンダードライフは、長期貯蓄・退職金事業のフェニックスグループの一員であり、2020年に、2050年までに投資ポートフォリオの温室効果ガス排出強度をネット・ゼロにする目標を発表している。昨年、フェニックスは、2025年までにポートフォリオの炭素排出強度を25%、2030年までに50%削減する目標等の中間目標を追加した。

スタンダードライフのサステナブル・マルチ・アセット投資ソリューションは、ポジティブな結果を通じた年金の成長管理を目的としており、炭素排出量の50%削減を含むESG目標を統合し、武器、タバコ生産、一般炭、非従来型石油・ガスを排除するためのスクリーンを採用している。本ソリューションでは、企業のビジネスモデルにプラスまたはマイナスの影響を与える可能性のある分野を特定するため、マテリアリティの観点からESG要素を考慮する。

【参照ページ】
(原文)Sustainable transformation for 87,000 Standard Life Master Trust members
(日本語訳) 英大手保険スタンダードライフ、2兆4,000億円以上をサステナブル戦略に移行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る