エネルギー企業RWEとSolarDuck、洋上浮体式ソーラーの技術開発と商業化を大規模に加速

RWEとSolarDuck、洋上浮体式ソーラーの技術開発と商業化を大規模に加速

7月19日、ドイツのエネルギー企業RWEとオランダ・ノルウェー企業のSolarDuckは、海上の浮体式ソーラーパークの利用を開発するための協力協定を締結した。 SolarDuckの浮体式ソーラー技術に関する学習を加速させるため、RWEは北海における最初の洋上実証実験に投資する。

SolarDuckが開発した洋上浮体式太陽光発電技術は、太陽光エネルギーの新たなフロンティアを確立し、再生可能エネルギー発電のための土地不足を解消に解消する可能性がある。洋上浮体式太陽光発電を洋上風力発電に統合することで、エネルギー生成のために海洋スペースをより効率的に利用し(風力タービンの間のスペースを利用)、マルチソース再生可能エネルギー設備の建設と保守に関して相乗効果を得ることができる。その結果、風力と太陽光の資源を補完しあうことで、よりバランスのとれた生産量を確保できる。

RWEは、技術開発を加速させるため、2023年にSolarDuckの実大オフショアパイロット「Merganser」に投資する予定である。Merganserはベルギー領北海のオステンド沖に設置され、昨年オランダで実施した内陸部での実証実験に続き、SolarDuckにとって初の海上での実証実験となる。2023年以降、技術の迅速な商業化が可能になるという。

RWEとSolarDuckは、プロジェクト 「Merganser」 とHKWとの協力関係をさらに強化し、独立型とハイブリッド型の両方の商用洋上浮体式ソーラーパークを開発する目的で、新たな機会を探っていく予定である。

【参照ページ】
(原文)RWE and SolarDuck accelerate technology development and commercialisation of offshore floating solar at scale
(日本語訳)RWEとSolarDuck、洋上浮体式ソーラーの技術開発と商業化を大規模に加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る