欧州委員会、供給不足に備えたガス需要削減計画を提案

欧州委員会、供給不足に備えたガス需要削減計画を提案

7月20日、欧州委員会は、来春までに欧州におけるガス使用量を15%削減するための新たな立法手段と欧州ガス需要削減計画を提案した。また、欧州委員会は、EUが代替ガスを調達するために、ガスの共同購入など、供給源の多様化に関する取り組みも加速する。

欧州委員会は、条約第122条に基づき、「ガスに関する協調的需要削減措置に関する新規の理事会規則」を提案した。同規則は、すべての加盟国に対し、2022年8月1日から2023年3月31日までの間にガス需要を15%削減する目標を設定するものである。新規則はまた、欧州委員会が加盟国と協議した上で、供給安定性に関する「ユニオンアラート」を宣言し、全加盟国にガス需要の削減を義務付ける。ユニオンアラートは、深刻なガス不足または例外的に高いガス需要の実質的なリスクがある場合に発動できる。加盟国は9月末までに削減目標を達成するための国家緊急計画を更新し、その進捗を2カ月ごとに欧州委員会に報告しなければならない。連帯ガス供給を要請する加盟国は、国内で需要を削減するために講じた措置を示すことが求められる。

加盟国が需要削減を実現するのを助けるために、欧州委員会は、協調的な需要削減のための措置、原則、基準を定めた「欧州ガス需要削減計画」も採択している。同計画は、ガスを他の燃料で代替すること、およびすべての部門における全体的なエネルギー節約に重点を置いている。計画は、家庭や病院などの重要なユーザーだけでなく、経済に不可欠な製品やサービスを提供し、EUのサプライチェーンや競争力にとって決定的な役割を果たす産業への供給も保護する。さらに、加盟国が電力抑制を計画する際に考慮すべきガイドラインも定めている。

省エネルギーのもう一つの重要な柱は、冷暖房の削減である。欧州委員会は、すべての加盟国に対し、冷暖房の削減を広範に推進するための国民意識向上キャンペーンを開始し、短期的節約のための多数の選択肢を含むEUの「省エネルギーコミュニケーション」を実施するよう要請する。模範を示すために、加盟国は、公的機関が運営する建物の冷暖房を目標値まで下げることを義務づけることも可能。

【参照ページ】
Save Gas for a Safe Winter: Commission proposes gas demand reduction plan to prepare EU for supply cuts

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る