Lenovo、MaerskのエコデリバリーでCO2排出量を削減

7月13日、PCとスマートデバイスのリーダーであるLenovoは、中国の製造拠点からアジア太平洋およびヨーロッパへのPC・スマートデバイス・インフラ製品の海上輸送で、総合コンテナ物流企業であるMaerskのエコデリバリーソリューションと提携し、輸送におけるCO2排出量をさらに削減すると発表した。

Maerskの海上輸送用バイオ燃料は、既存の化石燃料を使用した場合と比較して、CO2排出量を80%以上削減できる見込み。Lenovoは、2025/26会計年度までにサプライチェーンから100万トンの温室効果ガスを削減するという目標を掲げており、今回の発表もその一環となる。本目標は、同社が2020年に導入した科学的根拠に基づく野心的な環境目標に加えられる。

技術革新と消費者、テクノロジープロバイダー、認証パートナーとの協力により、Maerskのエコデリバリーは直接的なCO2排出量の削減を実現する。2022年には、ECOデリバリーは第三者によって検証された排出削減型のロジスティクスおよびサービス製品に拡大し、バリューチェーン全体の顧客にサービスを提供する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Lenovo reduces emissions footprint with Maersk ECO Delivery
(日本語訳)Lenovo、マースクECOデリバリーで排出量を削減

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る