Mastercard・AXA、森林再生へのパートナーシップを締結

7月20日、世界的な決済テクノロジー企業であるMastercardとAXAグループのアクサ香港・マカオは、森林再生への新しいパートナーシップを締結した。本パートナーシップにより、Mastercardの植林イニシアティブであるPriceless Planet 連合を通じて、AXAの顧客が森林再生に貢献できるようになる。

2020年に開始されたPriceless Planetは、2025年までに1億本の木を回復させることを目標としている。同連合は現在、世界各地で18の再生プロジェクトを実施している。

また、AXAは、保険・健康サービスのデジタルプラットフォーム「Emma by AXA」をダウンロードし登録した顧客のために、年末にかけて世界中で植樹を行う新たな顧客エンゲージメントキャンペーンを発動した。

AXAは昨年、持続可能な森林管理を支援するために、15億ユーロ(約2,000億円)を投資する計画など森林破壊への取り組みと生物多様性の保護に向けた一連の取り組みを発表している。また、2021年4月には、天然資源や持続可能な森林プロジェクトの資金調達を含む資金の適格カテゴリーを設定し、10億ユーロ(約1,400億円)の初回グリーンボンドを発行している。

【関連記事】AXA、森林破壊対策に約2,350億円を拠出。保険・投資に生物多様性への配慮を盛り込む

本発表は、Mastercardによる一連のサステナビリティ・イニシアティブに続くものだ。昨年、温室効果ガスの排出量を10年後の2040年までにネット・ゼロにするという目標を前倒しで達成したことを含め、気候変動に関する目標を加速させる。また、2021年3月には、Mastercard初のサステナビリティボンドを発行し、炭素削減を支援するために6億ドル(約830億円)を割り当てたほか、上級役員のインセンティブ報酬とESGイニシアティブの連動を開始すると発表している。

【参照ページ】
(原文)Mastercard and AXA Announce Partnership to Build a Sustainable Future through the Priceless Planet Coalition
(日本語訳)Mastercard・AXA、森林再生へのパートナーシップを締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る