WBCSD、2030年までに自然豊かな地球を実現するためのガイダンス「Roadmaps to Nature Positive Guidelines」を発表

WBCSD、2030年までに自然豊かな地球を実現するためのガイダンス「Roadmaps to Nature Positive Guidelines」を発表

12月9日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)は、60の主要企業およびパートナーとともに、 2030 年までに自然豊かな地球を実現するという共通の目標に向けて、戦略を調整するためのビジネスガイダンス「Roadmaps to Nature Positive Guidelines」を発表した。

本ガイダンスは、パフォーマンスを評価・実施・変革・開示するための行動のチェックリストを提供する。 さらに、自然保護活動を気候変動対策と連携させ、企業が一丸となって取り組むべき6つのバリューチェーン固有の目標(重要性の評価、目標の設定、資源の投入、政策環境の整備、信頼できる測定基準の使用、進捗状況の報告など)を挙げている。

ガイダンスは現在、協議のための草稿として公開されており、ユーザーからのフィードバックや自然保護に関する説明責任のフレームワークの最新動向を統合することで進化を続けていく。

この作業は、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)および科学的根拠に基づく目標ネットワーク(SBTN)とのより幅広いパートナーシップの一環として行われる。国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)のガイドライン(自然を含む)が、気候変動報告だけでなく、自然に関するグローバルな基準として義務付けられるよう、企業に支援を求める包括的な呼びかけがこの下支えをしている。

【参照ページ】
Roadmaps to Nature Positive

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る