ミズーリ州、反ESGの流れに乗り、BlackRockから約7,500億円を引き揚げ

10月19日、ミズーリ州財務長官Scott Fitzpatrick 氏は、同州の年金基金であるミズーリ州職員退職年金制度(MOSERS)が、BlackRockが運用するすべての公共株、総額約5億ドル(約7,500億円)を売却したと発表した。 BlackRockが 「顧客の経済的利益よりも覚醒した政治的意図」を優先させたことを理由としている。

本発表は、米国の共和党政治家による反ESGの継続的な推進における最新の動きとなる。また、テキサス州では、BlackRock、クレディ・スイス、UBS、その他数社のファンドマネージャーが、ESGの観点やネット・ゼロ投資への支持を理由に、年金基金からの売却を検討するリストを公表した。

BlackRockは、世界最大の投資運用会社であり、気候変動やエネルギー転換に関するテーマで投資界をリードする存在として、多くの取り組みの中心にいることがわかる。8月には、19人の検事総長が、BlackRockが反化石燃料とネット・ゼロのアジェンダを追求する中で、財務的リターンの重視とは一致しない「社会的目的」に従って行動しているとして、「複雑な動機」で非難する書簡に署名している。

Fitzpatrick氏は、 事務所の声明によると、MOSERS理事会は6月にBlackRockに対し、「株主利益よりもESGイニシアティブを優先するという彼らの公的声明と記録への懸念から」、同制度のために委任状の投票を棄権するよう指示したが、BlackRockはその要求を拒否し、保有株式の売却決定に至ったと主張している。

【参照ページ】
(原文)Missouri Pulls $500 Million From BlackRock Over Asset Manager’s ESG Push

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る