BlackRock、マルチアセットESGファンドを設定

10月19日、BlackRockは、「サステナビリティの中核となる株式保有」を目的とした新しい「サステナブル・グローバル・アロケーションUCITSファンド」を欧州で立ち上げると発表した。

新ファンドは、グローバル・アロケーション・ファンドの原則を活用しつつ、独自のESGフレームワークを活用するものである。EMEA市場で主要なマルチアセットポートフォリオの一つである、150億ドル(約2.2兆円)のBGFグローバル・アロケーション・ファンドのESG版を求める投資家の要望を受けて、新ファンドを導入することになった。

本ファンドは、BlackRock独自のESGフレームワークに基づき、プラスの外部性を持つ有価証券を50%以上投資し、マイナスの外部性を持つ有価証券は除外する。

また、ベンチマーク(MSCI All Country World Index 60% / Bloomberg Barclays Global Aggregate Index 40%)と比較して、保有する企業発行体の炭素排出原単位スコアの低減を目指す。さらに、化石燃料、タバコ、核兵器、民間兵器、ビジネス慣習の違反者に関連する企業への投資を制限するスクリーンなど、サステナビリティの観点からも特徴を有している。

【参照ページ】
(参考記事)BlackRock launches sustainable version of giant Global Allocation fund
(日本語訳)BlackRock、マルチアセットESGファンドを設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る