BlackRock、マルチアセットESGファンドを設定

10月19日、BlackRockは、「サステナビリティの中核となる株式保有」を目的とした新しい「サステナブル・グローバル・アロケーションUCITSファンド」を欧州で立ち上げると発表した。

新ファンドは、グローバル・アロケーション・ファンドの原則を活用しつつ、独自のESGフレームワークを活用するものである。EMEA市場で主要なマルチアセットポートフォリオの一つである、150億ドル(約2.2兆円)のBGFグローバル・アロケーション・ファンドのESG版を求める投資家の要望を受けて、新ファンドを導入することになった。

本ファンドは、BlackRock独自のESGフレームワークに基づき、プラスの外部性を持つ有価証券を50%以上投資し、マイナスの外部性を持つ有価証券は除外する。

また、ベンチマーク(MSCI All Country World Index 60% / Bloomberg Barclays Global Aggregate Index 40%)と比較して、保有する企業発行体の炭素排出原単位スコアの低減を目指す。さらに、化石燃料、タバコ、核兵器、民間兵器、ビジネス慣習の違反者に関連する企業への投資を制限するスクリーンなど、サステナビリティの観点からも特徴を有している。

【参照ページ】
(参考記事)BlackRock launches sustainable version of giant Global Allocation fund
(日本語訳)BlackRock、マルチアセットESGファンドを設定

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る