米州5か国、世界の食料安全保障強化のための声明を発表

6月13日、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、メキシコ、米国は、世界の食料安全保障を強化するために、主要な農産物および農業投入物の輸出国である我々が果たす重要な役割を確認する声明を発表した。

5か国政府は、食料およびその他の農業投入物の主要な生産者および輸出者として、食料価格を安定させ、農業の収量を持続的に最大化し、将来に向けてより強靭で安全、かつ持続可能な世界の食料システムを構築するという目標に向けて、短期間の行動をとる必要性を確認した。また、5月18日に国連で開催された米国が議長を務める世界食料安全保障閣僚会議で発表された「世界食料安全保障のための行動要請(ロードマップ)」を承認した他の80カ国以上とともに行動し、まだロードマップを承認していない国々に対して承認を強く要請している。

これらの目標を達成するために、5か国政府は以下7つの行動を行う予定である。

  • 作物収量、農業生産、貿易を促進するためのベストプラクティスの推進:世界中の農家と協力して、持続可能な作物収量の向上と持続可能な農業生産を強化するための措置を講じる予定。 高収量作物と弾力性のある種子の使用、二毛作、季節的輪作、病害虫の総合管理、農薬の生産性、垂直農法、肥料の革新と効率化、ウォーターフットプリントを改善する灌漑使用と技術の向上、持続的農業を支える新しい革新的な実践と技術、精密農業技術や農業融資や作物保険などの革新的金融手段による安価な融資アクセスの増加、世界市場で作物を売る前にハーベスト後の損失を抑える革新的保管技術を例に挙げた。
  • 食糧供給の最大化と、世界市場における食糧の貿易と輸送の改善: 主要生産国から世界市場への多様な農産物輸出の安定的かつ予測可能な流れの作成を目指す。既存の国内政策及び国際的な義務・基準に沿って、農産物の公正で開かれた取引を維持又は拡大する意向である。
  • 農産物貿易における輸出禁止の回避:農産物貿易への影響を抑え、市場の混乱を避けるため、制裁措置が適用される場合はその内容を調整し、輸出禁止など他の制限を回避するよう努める。また、世界における農産物の自由な流れを不当に妨げる可能性のある輸出禁止やその他の経済的制限を回避するためにあらゆる適切な行動をとる。
  • 最も弱い立場にある人々に対する人道的支援の提供:利用可能な資源の範囲内で、各国は、最も脆弱な人々に対して、現金、食糧および栄養物資、保健・栄養プログラム、水と衛生、人道的保護など、命を救うための緊急人道支援を行う。主要な人道支援組織に対して、新たに追加的に資金または現物を寄付し、栄養不良や飢饉を防ぐ意向だ。
  • 肥料とその投入物(合成および有機ベース)へのアクセス向上の支援: 利用可能な資源に応じて、5か国政府は、不足を防ぐために、4R肥料管理などの統合的な土壌管理と肥料効率化技術と相まって、気候変動に強く汎用性のある代替品の開発に重点を置いて、肥料生産を増加させる。
  • 肥料の使用の最適化による、水資源と生物多様性の持続可能性の向上: 私たちは、農家が作物、季節、代替技術を通じて、生産する食料1トンあたりの肥料と水の使用量のバランスを最適化できるような、精密農業などの革新的技術を推進する意向。 また、非食糧作物、原料、製法、用途、作物データから再生可能エネルギー源を最大化するための高価値・高収量の作物と種子の使用を促進し、重要な作付け時期を前にして農業リスクと不足をよりよく管理し、土壌侵食を減らし、持続可能な生物多様性を強化する。
  • より強靭で包括的な世界の農業および食糧システムへの投資:農村開発を支え、世界の平和に貢献する。より強靭で包括的な世界の農業および食糧システムへの投資を行う。

【参照ページ】
(原文)Summit of the Americas Agriculture Producers Declaration
(日本語訳)米州農業生産者首脳会議(サミット)宣言

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る