ベルテルスマン財団とSDSN、持続可能な開発報告書を発表

ベルテルスマン財団とSDSN、持続可能な開発報告書を発表

6月2日、ドイツのベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、2030年に向けたグローバル目標の進捗状況を把握するためのSDGsインデックスとダッシュボードを含む「持続可能な開発報告書(SDR)」を発表した。2015年に国連加盟全193カ国の首脳が歴史的なサミットでこれらの普遍的目標に合意して以来初めて、年次報告書は進捗の逆転を示した。本報告書は、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)代表のジェフリー・サックス教授を中心とする執筆陣によって執筆されたものだ。

SDGs Index 2022

1.フィンランド(86.51)
2.デンマーク(85.63)
3.スウェーデン(85.19)
4.ノルウェー(82.35)
5.オーストリア(82.32)
6.ドイツ(82.18)
7.フランス(81.24)
8.スイス(80.79)
9.アイルランド(80.66)
10.エストニア(80.62)
11.イギリス(80.55)
12.ポーランド(80.54)
13.チェコ(80.47)
14.ラトビア(80.28)
15.スロベニア(79.95)
16.スペイン(79.90)
17.オランダ(79.85)
18.ベルギー(79.69)
19.日本(79.58)
20.オランダ(79.23)

日本は去年より1つ順位を落とし19位にランクイン。ランキングが始まってから今までで最も低い順位だった。目標5「ジェンダー平等」、目標12「作る責任、使う責任」、目標13「気候変動」、目標14「海洋生態系」、目標15「陸上生態系」、目標17「パートナーシップ」では、最低の「レッド」評価であった。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Development Report 2022
(日本語訳)持続可能な開発報告書2022

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る