ベルテルスマン財団とSDSN、持続可能な開発報告書を発表

ベルテルスマン財団とSDSN、持続可能な開発報告書を発表

6月2日、ドイツのベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、2030年に向けたグローバル目標の進捗状況を把握するためのSDGsインデックスとダッシュボードを含む「持続可能な開発報告書(SDR)」を発表した。2015年に国連加盟全193カ国の首脳が歴史的なサミットでこれらの普遍的目標に合意して以来初めて、年次報告書は進捗の逆転を示した。本報告書は、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)代表のジェフリー・サックス教授を中心とする執筆陣によって執筆されたものだ。

SDGs Index 2022

1.フィンランド(86.51)
2.デンマーク(85.63)
3.スウェーデン(85.19)
4.ノルウェー(82.35)
5.オーストリア(82.32)
6.ドイツ(82.18)
7.フランス(81.24)
8.スイス(80.79)
9.アイルランド(80.66)
10.エストニア(80.62)
11.イギリス(80.55)
12.ポーランド(80.54)
13.チェコ(80.47)
14.ラトビア(80.28)
15.スロベニア(79.95)
16.スペイン(79.90)
17.オランダ(79.85)
18.ベルギー(79.69)
19.日本(79.58)
20.オランダ(79.23)

日本は去年より1つ順位を落とし19位にランクイン。ランキングが始まってから今までで最も低い順位だった。目標5「ジェンダー平等」、目標12「作る責任、使う責任」、目標13「気候変動」、目標14「海洋生態系」、目標15「陸上生態系」、目標17「パートナーシップ」では、最低の「レッド」評価であった。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Development Report 2022
(日本語訳)持続可能な開発報告書2022

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る