アラスカ航空、法人向け「SAF購入プログラム」を開始

 

8月11日、アラスカ航空は、持続可能な航空燃料(SAF)クレジットの購入を通じて法人顧客が出張時の排出量を削減できるようにし、出張時の持続可能性を改善する機会に関する教育や認識を拡大することを目的とした新しいプログラムの開始を発表した。

本発表は、アラスカ航空が昨年発表した、2040年までに二酸化炭素排出量をゼロにするロードマップに続くもので、今後数十年にわたる排出量削減の最も重要な機会として、SAFが挙げられている。

今回の新たな取り組みは、2020年にMicrosoftと開始した、SAFの利用によるMicrosoft社員の出張航空機の環境負荷低減を目的としたパートナーシップをベースにしている。本プログラムの一環として、Microsoftは、アラスカ航空で社員が移動する最も人気のある路線で、SAFクレジットを購入し、社員の出張によるCO2排出量を相殺することに同意した。

航空輸送は、世界の温室効果ガス排出量の2%を占めると推定され、温室効果ガス排出の大きな要因として、近年ますます注目されている。SAFは、従来のジェット燃料と比較してライフサイクルでの炭素排出量が80%少ないことから、市場関係者は、航空業界が排出量の影響を解決するための重要なツールの1つであると見ている。SAFは一般的に、化石燃料からではなく、廃油や農業残渣などの持続可能な資源、あるいは大気中から回収した炭素から製造される。

今月初め、アラスカ航空は、バイオ燃料企業のGevoと、これまでで最も大規模なSAFの取引を行うことを発表し、同社は5年間にわたり年間3700万ガロンのSAFを提供することを決定した。7月、アラスカ航空は、Microsoftおよび炭素転換企業Twelveとともに、回収したCO2からSAFの生産と利用を促進するための新たな協力関係を発表した。

本プログラムは、Microsoft、Boeing、ワシントン州立大学(WSU)をプログラム参加者として開始される。Microsoftは、アラスカとの出張によるスコープ3排出量の削減も約束しており、BoeingとWSUは航空・学術バリューチェーンのパートナーとして、持続可能な出張に関する知識と進歩を企業参加者と共有する予定である。

アラスカ航空は、DeloitteがSAFの購入と利用を進めるプログラムに参加することも発表した。両社は、SAFの市場を拡大するための会計的枠組みを提供するSAF証書の購入で提携する予定である。Deloitteは参加企業として、アラスカ航空との出張に伴う二酸化炭素の排出を約1,050トン削減する見込みである。

【参照ページ】
Alaska Airlines corporate sustainable aviation fuels program adds Deloitte as participant with business travel emissions-reduction agreement

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る