英酒造企業Diageo、カナダに220億円のカーボンニュートラル蒸溜所を建設

 

3月9日、イギリスの酒造企業Diageoは同社のカナディアン・ウイスキー「Crown Royal」のために、カナダに2億4,500万カナダドル(約223億円)のカーボンニュートラル蒸留所を建設する計画を発表した。オンタリオ州セントクレアタウンシップに位置する本施設は、100%再生可能エネルギーで操業し、年間最大2000万リットルの絶対アルコール(LAA)を生産する能力を持つ予定である。

本発表は、2020年にDiageのサステナビリティプログラム「Society 2030: Spirit of Progress」の開始を受けたもので、2030年までに世界にプラスの影響を与えることを目的とした一連の25の目標が盛り込まれている。その中には、再生可能エネルギーを100%活用すること、直接事業における炭素排出をネット・ゼロにすること、サプライヤーと協力して2030年までに間接的な炭素排出を50%削減することなどの目標が掲げられている。

Diageは昨年、ケンタッキー州レバノンに初のカーボンニュートラル蒸留所を開設し、ウイスキーブランド「Bulleit Bourbon ‘Frontier’」を製造している。

新蒸留所の建設は今年後半に開始され、2025年の操業開始を予定している。

【参照ページ】
(原文)Diageo Announces Plans to Build Carbon Neutral Crown Royal Distillery in Canada
(日本語訳)Diage、カナダに2億4500万ドルのカーボンニュートラルな蒸溜所を建設

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る