持続可能なe燃料の新興企業INERATEC、約190億円を調達

持続可能なe燃料の新興企業INERATEC、約190億円を調達

1月16日、クリーン燃料の新興企業であるINERATECは、シリーズB資金調達ラウンドで1億2900万ドル(約190億円)以上を調達したと発表した。調達資金は、脱炭素化が困難な産業の脱炭素化を目的とした同社の持続可能なe-Fuelsの生産規模を拡大するために使用される。

2016年に設立されたドイツのカールスルーエに本社を置くINERATECは、化石原油に代わる持続可能なe-Fuelsと合成化学品を製造している。同社は「Power-to-X」Power-to-XおよびGas-to-Liquidアプリケーション用のモジュラー化学プラントを建設しており、再生可能な電力とCO2などの温室効果ガスから得られる水素を使用して、e-ケロシン、CO2ニュートラルガソリン、クリーンディーゼルまたは合成ワックス、メタノールまたはSNGを含む燃料および化学物質を生産する。

INERATECによると、今回の資金調達は、航空、海運、道路輸送、化学など化石燃料に大きく依存するセクターが、気候変動目標を達成するために再生可能な代替燃料を求める中、ドロップインe燃料の需要が今後数年間で急速に高まると予想される中で実現した。同社は、CO2を排出しない合成燃料で、化石燃料の代わりに使用できるドロップインe-Fuelを製造している。

同社によると、今回の新たな資本は、世界各地で工業規模のPower-to-Xプラントの量産を開始するために使用される。INERATECはまた、フランクフルトでこれまでで最大のプラントの建設に着手し、オランダとチリで国際的なプロジェクトを通じて拡張を進めている。この拡張により、生産量は1,500倍増加し、年間1,200万トン以上のCO2がリサイクルされる見込みだ。

同ラウンドはサンフランシスコを拠点とするベンチャー投資家Piva Capitalが主導し、Planet A Ventures、MPC、High-Tech Gründerfonds、FO Holding、Safran Corporate Ventures、ホンダ、ENGIE New Ventures、HG Ventures、TDK Ventures、Copec WIND Ventures、RockCreek、Emerald、Samsung Venturesなどの投資家が参加した。

【参照ページ】
(原文)INERATEC Raises $129 Million Led by Piva Capital to Usher in the Next Era of Sustainable Mobility
(日本語参考訳)持続可能なe燃料の新興企業INERATEC、約190億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る