Chipotle、グリーン肥料とロボット再生農業スタートアップに投資

Chipotle、グリーン肥料とロボット再生農業スタートアップに投資

12月13日、Chipotle Mexican Grillは、再生農業AIとロボティクス・ソリューション企業のGreenfield Roboticsと低排出肥料メーカーのNitricityを含む、持続可能な農業に特化した新興企業への2件の新規投資を発表した。

今回の投資は、 Chipotleの5000万ドル(約70億円)規模のベンチャーファンド「CULTIVATE NEXT」を通じて行われた。2022年に設立された本ファンドは、「より良い世界を開拓する」というChipotleのミッションに沿った企業に初期段階の投資を行い、成長の加速を支援する。

再生農業の実践は、この分野が環境に与える影響に対処することを目的としており、生態系の改善と回復、土壌の健全性と肥沃性の構築、排出量の削減、流域管理の強化、生物多様性の増加、農家の生計向上などの技術が含まれる。Greenfieldは、ロボット工学、AI、センシング技術を活用し、化学薬品を使用しない再生可能な農業ソリューションを提供している。例えば、自律型ロボットを使用して広作物の畝間の雑草を刈り取り、除草剤への依存を減らすことができる。

Chipotleによると、Greenfieldは今回の投資により、自律型農業ロボットの整備を進め、マイクロスプレー、カバークロップの植え付け、土壌検査など、将来的なロボットの追加機能を開発できるようになるという。

Nitricityは、現在の窒素肥料製造法であるハーバー・ボッシュ法を改良したもので、大量の化石燃料を必要とし、大量のCO2を排出し、地球全体の温室効果ガス(GHG)の5~7%に寄与している。Nitricityは、空気、水、再生可能な電力を使って、大気中の窒素を分離する稲妻を再現し、窒素肥料を生産する非熱プラズマ反応器を開発している。Nitricityによると、同社の製造プロセスは、生産と現場での施肥プロセスが電気化されているため、GHG排出量が5~10倍少ないという。同社は、輸送による温室効果ガスを抑制するため、エンドユーザーの近くで生産モデルを構築している。

今回の新規投資は、Nitricityの窒素生産を拡大し、同社のインフラを構築し、今後2年以内に最初の商業製品を発売するために使用される。

【参照ページ】
(原文)CHIPOTLE INVESTS IN AUTONOMOUS AGRICULTURAL ROBOTS AND CLIMATE-SMART FERTILIZER TO IMPROVE THE FUTURE OF FARMING
(日本語参考訳)Chipotle、グリーン肥料とロボット再生農業スタートアップに投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る