TPI、企業の気候変動に関する移行計画を評価するセクター別フレームワークを開始

TPI、企業の気候変動に関する移行計画を評価するセクター別フレームワークを開始

2月9日、Transition Pathway Initiative(TPI)は、高排出量分野における企業の気候目標を投資家が評価するための詳細なフレームワークである、「TPI Sectoral Decarbonisation Pathways」 を発表した。TPIの移行計画は、投資家エンゲージメントネットワーク「Climate Action 100+」や、主要な資産運用会社やオーナーが利用している。

2017年に設立された Transition Pathway Initiative は、アセットオーナーが主導し、資産運用会社が支援するグローバルな取り組みであり、低炭素経済への移行に向けた企業の準備状況を評価や気候変動に対応する取り組みを支援するイニシアティブだ。TPIは、投資家が自らのポートフォリオとパリ協定の目標との整合性を評価し、現実の排出削減を促進するための独立した調査を提供する。TPIは、40兆ドル以上の資産を運用・助言する120の投資家によって支えられている。

この新しいフレームワークは、電力、石油・ガス、アルミニウム、セメント、多角的鉱業、製紙、鉄鋼、自動車、航空、船舶など、エネルギー、産業、運輸の各セクターにまたがる産業を対象としている。また、セクターごとの予算を作成するために経済全体の排出量予算のアプローチを利用して各セクターを評価し、それぞれ固有の課題、排出量が集中している場所、削減のためのコストがどの程度かかるかを考慮している。各セクターについて、1.5℃、2℃以下、国家公約との整合性に関するIEAシナリオに基づき、3つの移行計画を概説している。例えば、航空業界では、排出原単位の主要な指標として、従来のジェット燃料からのTTW(Tank-to-Wheel)CO2排出量を目標とし、1.5℃シナリオに合わせるために、企業が2030年までに 616 tonnes of CO2/revenue tonne kilometre 未満を達成するための基準を定めている。

【参照ページ】
TPI PUBLISHES CONSOLIDATED REPORT CONTAINING DECARBONISATION PATHWAYS FOR ALL HIGH- EMITTING SECTORS

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る