コカ・コーラ、インドで100%リサイクルペットボトルを発売

コカ・コーラ、インドで100%リサイクルペットボトルを発売

10月4日、コカ・コーラ・インディアは、250mlと750mlを含む小型パックサイズの100%再生プラスチック(rPET)ボトル入りコカ・コーラの発売を発表した。

新しい再生プラスチックボトルは、コカ・コーラボトリングのパートナーであるMoon Beverages Ltd.とSLMG Beverages Ltd.によって製造され、キャップとラベルを除いて100%食品グレードのrPETで作られている。また、このボトルには「Recycle Me Again」の呼びかけと「100%リサイクルPETボトル」の表示があり、消費者の意識向上を目指している。

今回の発表は、コカ・コーラ インドが6月に発売した飲料水ブランド「キンレイ」の100%リサイクル1リットルボトルに続くもの。

コカ・コーラは現在、40以上の市場で100%リサイクルされたプラスチックボトルを提供しており、2030年までにリサイクル率50%のボトルを作るという「廃棄物のない世界」の目標に近づいている。2018年に発表された持続可能なパッケージング・プラットフォームには、2030年までに全世界で販売するボトルや缶1本につき1本相当の回収とリサイクルを行い、2025年までに100%リサイクル可能なパッケージにするという目標も含まれている。

コカ・コーラは、消費者がボトルをリサイクルしやすいように、ドロップオフポイントや逆自動販売機を提供している。今年初め、コカ・コーラ・インディアはZeptoと共同で、消費者から直接ペットボトルを回収する「リターン・アンド・リサイクル」活動を開始した。本プログラムは、100%トレーサビリティのあるPETボトル回収の組織的プロセスの確立に役立っている。特にインド向けに、コカ・コーラは250mlペットボトルにASSP(Affordable Small Sparkling Pack)を導入し、スパークリング製品のPET製造におけるプラスチック使用量を最大40%削減した。

【参考ページ】
(参照記事)コカ・コーラ、インドで100%リサイクルペットボトルを発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る