Nuveen、初のプライベート・エクイティ・インパクト・ファンドで約230億円超を調達

Nuveen、初のプライベート・エクイティ・インパクト・ファンドで2億ドル超を調達

TIAAの資産運用会社であるNuveenは、同社初のプライベート・エクイティ・ファンドであるNuveen Global Impact Fund, LPの最終クローズを発表し、世界の様々な投資家から合計2億1,800万ドル(約230億円)のコミットメントを集めたと発表した。

Nuveenのグローバル・インパクト戦略は、気候変動や所得格差など、持続可能な開発の重要な課題に取り組むための投資に重点を置いている。

Nuveenによると、新ファンドは、廃棄物削減、資源の循環使用や排出量削減を実現する投資を対象としており、また、マイノリティ消費者のための製品やサービスへのアクセスを拡大し、コストを削減する投資に重点を置いている。このファンドの最初の2つの案件には、マイクロファイナンス機関のAnnapurna Financeとバッテリー技術企業のAdvanced Battery Conceptsが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Nuveen holds final closing of inaugural global private equity impact fund
(日本語訳)Nuveenが初のプライベート・エクイティ・インパクト・ファンドで2億ドル超を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る