持続可能サプライチェーンのスタートアップMakersite、25億円超を調達

 

10月18日、持続可能な製品とサプライチェーンのソリューションを提供するMakersiteは、シリーズA投資ラウンドで1800万ユーロ(約26億円)を調達した。調達した資金はサプライチェーン分析機能の拡張と顧客獲得の推進に充てられるという。

2018年に設立され、ドイツに拠点を置くMakersiteは、持続可能な製品とサプライチェーンの意思決定を大規模に強化することを目指す、AI&データ・プラットフォームである。同社のソリューションは、製造企業のバリューチェーン全体にわたる複雑な課題を解決し、企業の製品・サプライヤー・製造プロセスのポートフォリオを140以上の材料およびサプライチェーンのデータベースとマッピングし、各製品とその製造、使用、廃棄方法に関する「デジタルツイン」を提供する。

本プラットフォームは、Microsoft、Vestas、Cummins、Procter & Gambleなどの企業で利用されている。

本資金調達は、株式会社日立製作所のグローバルベンチャーキャピタルである日立ベンチャーズと、シリコンバレーに拠点を置くVCファンドのTranslink Capitalが主導した。また、VCファンドのKOMPASとシード投資家のPlanet Aが追加で出資している。

【参照ページ】
(参考文献)Makersite Raises $18 Million in Series A  

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る